• NAOTO

    NAOTO

  • 小林直己

    小林直己

  • ELLY

    ELLY

  • 山下健二郎

    山下健二郎

  • 岩田剛典

    岩田剛典

  • 今市隆二

    今市隆二

  • 登坂広臣

    登坂広臣

  • 青柳翔

    青柳翔

  • 秋山真太郎

    秋山真太郎

  • 小澤雄太

    小澤雄太

  • 鈴木伸之

    鈴木伸之

  • 町田啓太

    町田啓太

  • 小野塚勇人

    小野塚勇人

  • SWAY

    SWAY

  • 八木将康

    八木将康

  • 佐藤寛太

    佐藤寛太

  • 白濱亜嵐

    白濱亜嵐

  • 片寄涼太

    片寄涼太

  • 数原龍友

    数原龍友

  • 小森隼

    小森隼

  • 佐野玲於

    佐野玲於

  • 関口メンディー

    関口メンディー

  • 中務裕太

    中務裕太

  • RIKU

    RIKU

  • 川村壱馬

    川村壱馬

  • 吉野北人

    吉野北人

  • LIKIYA

    LIKIYA

  • 陣

  • 神谷健太

    神谷健太

  • 与那嶺瑠唯

    与那嶺瑠唯

  • 山本彰吾

    山本彰吾

  • 岩谷翔吾

    岩谷翔吾

  • 浦川翔平

    浦川翔平

  • 藤原樹

    藤原樹

  • 武知海青

    武知海青

  • 長谷川慎

    長谷川慎

  • 龍

  • 鈴木昂秀

    鈴木昂秀

  • 後藤拓磨

    後藤拓磨

  • 世界

    世界

  • 佐藤大樹

    佐藤大樹

  • 澤本夏輝

    澤本夏輝

  • 瀬口黎弥

    瀬口黎弥

  • 堀夏喜

    堀夏喜

  • 木村慧人

    木村慧人

  • 八木勇征

    八木勇征

  • 中島颯太

    中島颯太

  • 日髙竜太

    日髙竜太

  • 加納嘉将

    加納嘉将

  • 海沼流星

    海沼流星

  • 深堀未来

    深堀未来

  • 奥田力也

    奥田力也

  • 松井利樹

    松井利樹

  • 砂田将宏

    砂田将宏

小説の神様 君としか描けない物語

佐藤大樹×橋本環奈 W主演
「小説の神様 君としか描けない物語」
5/22(金)全国公開!!

  • 予告映像

  • WEB限定特別映像

「好き」をあきらめない姿に、ラスト、胸がアツくなる。
共感と感動No.1のファンタスティック青春ストーリー!

中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない…自分を見失い思い悩む売れない高校生小説家・千谷一也を佐藤大樹、
クラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪を橋本環奈が演じます!

監督には、『HiGH&LOW』シリーズや500本以上のMusic Videoを世に送り出した久保茂昭をむかえ、繊細でドラマチックな物語に、これまでにないみずみずしくビビットな映像演出で挑みます!

さらに、主題歌&挿入歌が解禁!
主題歌は、鷲尾伶菜のソロプロジェクト「伶」の第一弾「Call Me Sick」。
「Call Me Sick」は、“夢中になれる時間は今しかない!”と無我夢中で頑張る姿と、揺れ動く葛藤や不安な気持ちをエネルギー溢れる歌詞で描き、共感を抱き勇気をもらえるポップな応援ソングとなっており、不器用ながらも諦めずに前に進んでいく登場人物らの心情をより一層引き立てます!
「伶」は、本編の冒頭の象徴的なシーンとクライマックスシーンの2つの重要なシーンの挿入歌で書き下ろしの「こんな世界にしたのは誰だ」も担当。
真正面から応援する主題歌とは打って変わり、誰しもが抱える不安や“わかっていてもどうにもできない葛藤”をテーマにした一曲で、壁にぶち当たったときの孤独な気持ちに寄り添い、共感を誘う一曲となっています!
また、主題歌曲の世界観が伝わる劇中の場面写真1カットも解禁!
小説を共作していくことが決まり、佐藤大樹演じる一也と橋本環奈さん演じる詩凪の2人が初めてプロット(物語)について話し合っていくシーン。
主題歌曲でも描かれている、「小説が好き」という気持ちが走り出して2人の想像の世界が広がっていく様子が表現されています!
挿入歌には、Leola「ないものねだり」「Lucky Me」、琉衣「一輪の花」「枯れゆく声」が決定!

また、本作のムビチケカードが3/13(金)より発売開始!

苦悩、努力、挑戦の先で、合作はどうなっていくのか。
友情を超えて、2人の間に生まれる絆の行方は――。
ドキドキハラハラし、ドラマチックなラストに胸が熱くなる。
2020年春、共感度No1の青春ストーリー!

是非お楽しみに!!

STORY

中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。
一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。
底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッション――それは、2人で協力し、大ベストセラーを生み出すことだった!
ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対な2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまう――。
友情を超えて近付く2人の距離。
悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方は――?
ラスト、胸があつくなる。共感と感動No.1のファンタスティック青春ストーリー!

  • 千谷一也役:佐藤大樹コメント

    • 僕が一番大好きで最も尊敬している久保監督から「この作品を一緒にやらないか?」とオファーを受けた時、断る理由が見つかりませんでした。
      企画から数年経ち、ようやく実現した映画化に僕を指名してくれた事、本当に嬉しかったです。
      僕が演じる一也は普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。
      だからこそ演じ甲斐がありましたし、役作りやどんな作品にしたいかなどを監督と密に話し合い共に作りあげていきました!
      相手役の橋本環奈さんは本当に素晴らしい女優さんで、彼女以外務まらなかったんだろうなとも感じました。
      現場は毎日楽しく最高なチームワークで撮影に臨ませていただきました!!
      最強のスタッフが集まった久保組に新しい僕を引き出してもらえた気がします。自信作です!!
  • 小余綾詩凪役:橋本環奈コメント

    • 今作で演じさせて頂いた小余綾詩凪は一見普通の高校生なんですが実はその心の底に深い葛藤と悩みを抱いている人気作家という役でした。

      過去作で高校生役は数多く演じさせて頂きましたがクラスに職業作家が二人いるというリアリティの有りそうで無さそうなこの役はある種新たなる挑戦でもありました。

      そんな詩凪と佐藤大樹さん演じる千谷一也が仲間とどう葛藤を乗り越え、また小説を紡いでいくのか久保監督演出の素晴らしい映像美と共に是非ご注目頂きたいと思います。
  • 監督:久保茂昭コメント

    • 小説という能動的な美しい文体の芸術を映像という受動的な芸術で挑戦していく。
      この小説との出会いは僕にそんな夢を与えてくれました。

      この映画は4人の若者が物語を『綴る』ことによって純粋であるがゆえに、
      喜び、苦しみ、仲間同士の中に存在する様々な気持ちの葛藤。
      それら全てを受け入れる自分の器の大きさ、自分自身と出会う物語です。

      生きていく中で何かを感じたらまずはそれを綴って欲しい。
      自分の器の限界、人生に行き詰まりを感じたとき、自分が世界に発信したいものができた時、その子の背中を押してあげる映画を作りたいと思いました。
  • 原作:相沢紗呼コメント

    • 小説を書く、という、ただそれだけのお話です。
      けれど、そこには創作の過程で生まれる数多くの困難と挫折が立ちはだかります。
      原作小説を書く際には、『小説を書くこと』という題材のために、小説ならではの表現、小説だからこその構成を、自分なりに追及して執筆しました。
      つまり、これは映像化されることなんて、まるで考えていないお話でした。
      青春小説とは名ばかりの、暗澹とした心理描写が延々と続くというこの作品は、あまり映像化には向いていないのかもしれません。
      それにもかかわらず、の映像化ですから、恐らく、そこには作中物語と同じように、多くの困難とドラマが立ちはだかったことでしょう。
      主演のお二人をはじめ、監督やスタッフの皆さんが、どのようにこの困難に立ち向かい、そしてどのような映像作品へと変換されたのか。
      生まれる物語を、楽しみに待ちたいと思います。
  • 鷲尾伶菜コメント

    • ◆本作の主題歌に起用された感想
      ソロとして皆さんに聴いていただける最初のきっかけが、この映画の主題歌と聞き、本当に嬉しかったです。この映画に少しでも花を添えられるよう精一杯曲を届けたいと思います!

      ◆楽曲に込めた思い
      映画を観させていただいて、凄くこの時代ならではの問題や抱える痛みなどが伝わってきたので、少しでもポジティブに変えられるような楽曲にしたいと思ったのと、エンドロールまで聴いて観て帰ってもらえるようにと心を込めました!

      ◆ソロデビューして初の新曲となることへの意気込み
      初の新曲が映画の主題歌に決まって本当に嬉しいです!
      ソロとしていいスタートが切れたかなと思っています。
      映画のエンドロールに合わせて選曲したので、主人公二人の感情に寄り添って聴いてもらえたらと思います。
  • 久保茂昭監督コメント

    • 原作を読んだ時から頭の中に女性アーティストの声が響きました。
      鷲尾さんの恋心に憑依したような切ない歌声がすごく好きで、一也の気持ちを歌えるのは彼女しかいないと思いました。
      彼女の歌声が持っている切ないところ、ピュアだけど未熟なところが、本作にピッタリだと思ったので、本人に直接会って「冒頭、鷲尾さんの声から始まりたい、あなたの声で物語の全体が入ってくるんだ」と僕から強くお願いしました。
キャスト

千谷一也(ちたに いちや) / 佐藤大樹
中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……自分を見失い思い悩むナイーブな売れない高校生小説家。

小余綾詩凪(こゆるぎ しいな) / 橋本環奈
千谷一也と同じクラスの人気ものでドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家。

九ノ里正樹(くのり まさき) / 佐藤流司
文芸部部長。部員を守ることを使命とする。友達も多く、運動も勉強も得意な頼れるクラスの優等生。作家志望なのだが…。

成瀬綾乃(なるせ あやの) / 柴田杏花
千谷一也のデビュー作に感動し一也に憧れ文芸部に入部したばかりの後輩。物語を書くことに強い情熱をもち、一也に教えを乞うが…。

千谷雛子(ちたに ひなこ) / 莉子
一也の妹。心臓に持病があり入院している。不動詩凪(小余綾詩凪のペンネーム)の大ファン。

楓新社 編集者・野中 / 坂口涼太郎
一也がデビュー作を出版した時の担当編集者。

三春出版 編集者・河埜(こうの) / 山本未來
一也と詩凪の担当編集者。ベストセラーを生み出すため、2人に1つの物語を作る【共作】を提案。一也の才能を信じている。

千谷昌也(ちたに しょうや) / 片岡愛之助
一也の父。小説家だったがまったく売れず、病気で亡くなっている。「書き続けることができるのが小説家」が信条。

千谷優理子(ちたに ゆりこ) / 和久井映見
一也の母。昌也の書く物語が大好きでいつも勇気をもらっている。

原作

相沢沙呼「小説の神様」(講談社タイガ刊)

脚本

鎌田哲生

監督

久保茂昭

音楽

中野雄太

主題歌

伶「Call Me Sick」

挿入歌

伶「こんな世界にしたのは誰だ」
Leola「ないものねだり」「Lucky Me」
琉衣「一輪の花」「枯れゆく声」

企画

HI-AX / LDH / CREDEUS

制作プロダクション

CREDEUS

配給

松竹

公式HP
公式Twitter